2016年01月17日

休日の散歩は六甲山で(^ν^)

E02DF9F4-EF47-4649-B7C5-D121011DA4F1.jpg

2016年。年明けてから3回目の六甲山お散歩です。
大津の山のふもとで育ったので、子供の頃から山は遊び場。
所帯を持った東灘区も昼からでも、ちょぃと登りに行ける山好きさんに嬉しい環境です。

88545956-FEEF-4830-8B2D-C0C18FA5DF68.jpg

わが家を出発したのが11時20分。
この時間からでも、登って暗くなる前に下りて来られる、好立地 ( ̄^ ̄)ゞ
自宅前の住吉川沿いを歩き、六甲山の登山道入口を目指します。

可愛い鴨がいますよ。出産ラッシュの時期には雛を引き連れて浮いてます。

7C46DBF2-4626-4F5D-8BC1-2625A3385010.jpg

住吉川を北上し、まずは白鶴美術館前から渦森台を目指し、住宅街を一気に登ります。
閑静な住宅街ですが、それはそれは急勾配な坂道と階段で、
登山道までに既に汗ダクダクになります。

遠方からこのルートを来られる方は、住吉駅や阪神御影から
バスで登山道まで来られる方も多いようですね。

017FBE22-BCDE-4326-8A9B-18438D689F0D.jpg

地元ですから、下からテチテチ歩きますわよ。
住宅街のすぐ裏から山が始まる。
都会なのに、自然がすぐそこに。
これが神戸の魅力ですね。

ABB876A1-F6F4-42AF-AA74-15FD61A4F478.jpg

16BF3AA2-C76F-43BA-8F91-8110D637A706.jpg

寒天山道から、まずは六甲山上を上がります。
今回もイノシシさんの掘り起した穴はありましたが、
イノシシさん本人には遭遇せずでした。

油こぶしの少し上辺り、寒天山道との交差点で休憩。
森の世話人の看板が。
災害に強い森を作るため、色々な企業、団体の皆さんが、六甲山で森づくりの活動をされています。
活動場所は変わりますが、私も微力ながらお手伝いさせていただいております ( ̄^ ̄)ゞ

156EA5B8-2532-4943-9499-949EAD8221AB.jpg

ヤッホー(^ν^) イェーィ ( ̄^ ̄)ゞ
この景色が下から登ってきたハイカーさんへのご褒美。

あっ、安心してください。
足腰が弱い方も、お車、六甲ケーブル、バス等、
簡単に来れるのが六甲山の魅力ですよ(^ν^)

4C1E5CDA-64C2-405D-89F1-98EF62C742F9.jpg

山上付近や、山肌の日陰部分は雪が残っています。
滑らぬように慎重に。

0D04713E-46C7-4EAC-A61C-8EB459885BA4.jpg

AA22C0F2-5CA0-4A7A-A2BA-56757A0BD565.jpg

都会風味満載、アスファルトの山上から穂高湖経由、徳川道を下りていきます。
石の階段は、膝への衝撃を気遣いながら、と。
途中、水がとっても綺麗な滝つぼがあり、思わずパチリ

6DD2D8BE-A11D-49B6-964B-E55E6165E16E.jpg

自動車専用道路でもないのに、歩道も路側帯もない有馬街道沿いを歩いて、
無事、平野に下りてきましたよ。
約30km、44000歩を歩いた足腰へ温泉のプレゼント。
熱い温泉に入り、足をマッサージ(^ν^)
湊山温泉は地元の方々でにぎわっていましたよ。

山歩きの時は、リュックにお風呂セットを詰め込んで。
温泉、銭湯で疲れを癒す。
手軽に楽しめる、私のレクリエーションです(^ν^)

posted by おやよ at 10:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 六甲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そげですか、残念ながら湊山温泉はまだ行っていません。相変わらず行動範囲の広さには敬服
します。
Posted by ワリオ at 2016年01月26日 23:25
ワリオさん、お久しぶりです。
湊山温泉、行ってみて!
めちゃんこ熱いから
全身、まっ赤かになりますよ(^ν^)
Posted by おやよ at 2016年01月28日 09:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432660736
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。