2009年02月26日

おかめのランチパックラリー84

P2230668-1.JPG


ランチパック新製品第2弾 (不況編)。「ちょいパク」シリーズ。
1枚しか入っていないのよ。2枚が1枚になり、、、、、1枚は薄くなり、、、、、1枚が半分になり。。。。。
イヤ、いかん。マイナス思考はよくないぞ。負のスパイラルに入るぞ 台風

このランチパックは組み合わせの自由なランチパック。
1枚じゃもの足りない、、、、、だったら、別のランチパックをもう1枚? それとも、甘い系のパンをもう1個?
他にも、ヨーグルトを買おうかな? 野菜ジュースを買おうかな? と、おやよの空想は膨らむばかり。

おかめ娘には足りないようで、シングルのランチパックを2袋コースで食べておりました。

ランチパックの種類はこんなにあるよ。
詳しくはヤマザキさんのWEBをご参照くださいませ。


posted by おやよ at 15:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ランチパック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プラスに考えましょ、プラスに。
できれば2つ入りの半値で1つ入り。
3つ入りは1.5倍の価格。
単純計算が今の世相に受けそうです。
頭が単純な人が増えてるようですからね。>特に日本
単純と言うより○○○ですがね。
分かります?>○○○
Posted by ねお at 2009年02月26日 23:08
ねお様

今、強烈に花粉症で書きながら、くしゃみ3回連続で
出ております。ティッシュを箱ごと持ち歩きです(笑)
そうですね。プラス思考でいきましょ。
で、ランチパクの一枚入りは半額じゃないのよ。
8かけぐらいの価格帯なんですよ。割高でしょ。
単純と言うより。。。。お、ば、か

でいいのかな?おやよは筋金入りの「おバカ」さんです(笑)
Posted by おやよ at 2009年03月01日 09:33
ご存じかもしれませんが。ランチパックを常用する人向けに、
自作で安くあげるための製品がいくつかあります。

「パンDEパック」紹介記事
http://kaden.watch.impress.co.jp/cda/column/2009/02/24/3556.html
製品情報
http://www.ar-nest.co.jp/shouhin/tyouri/pandepack.html

Amazonで見ると、もっと安い「サンドでパンだ」が好評です。
動画付き紹介
http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?code=146
製品情報(専用ケース別売)
http://www.akebono-sa.co.jp/

ではでは。
Posted by ちゅちゅむ@お江戸 at 2009年03月01日 22:53
ちゅちゅむ様

おはよう!面白い物を見つけてきたね。
自分でつくるランチパック。
おやよの実家にもコンロで作る、ホットサンドのフライパン
があるんだけど、、、、、結構、重いの。
パンDEパックは生のパンをギュッと押さえて作るのは、
本物に近いランチパックが作れるわね。
で、今いいアイディアが浮かんだの!!
ランチパックの焼き目入りがあるといいかも。
パンの食感をパリッさすのが難しいけれど、オフィスに
トースターがない所もあるでしょ。最初から焼いておくのよ。
はぁ〜ランチパックの商品開発の人よ、
おやよのアイディア起用してほしいわ。
悲願のランチパックいかなご入りはいつ発売される事だろうか。。。(笑)
Posted by おやよ at 2009年03月02日 07:58
おやよさん、さっそくのコメント・レスありがとうございます。

せっかくのアイデアに水を差すようで恐縮ですが、出荷前に
焼き目を付けてもサンドされた具からでる水分で「パリッ」
とした食感は失われてしまうのではないかと・・・(^^;)
Posted by ちゅちゅむ@お江戸 at 2009年03月02日 12:49
ちゅちゅむ様

こんにちは!お返事遅くなってすみません。
確かに、せっかく焼いたパンも野菜や具材の水分でびちゃ〜となちゃいますよね。
でもね、山崎製パンさんやと、パリッとしたままの状態で保てる技術を持ってるかもしれん。
ランチパックの秘密クイズの中で知ったのだけど、ランチパックはかばんの中での激しい衝撃にも耐えられるような工夫が袋にあるんだよ。
パンをふっくら保つ技術があるんじゃ、パリッ保つ技術は。。。。う〜ん、
山崎製パンよ!今すぐおにぎり製造工場にオファーをとり、のりをパリッと保つ技術を教えてもらうのじゃ。
焼いたパンをパリッと保つ特許が
とれるかもしれんぞ!(笑)
Posted by おやよ at 2009年03月03日 16:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック